スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイルームにベッドを

マイルームにベッドを

長期のツアーでは必然的に荷物が多くなる。
この度の全体オフ会参加でのツアーでは、荷物が多くてフロアにいつも荷物が出ていて片づかなかった。

諏訪湖パーキングでお会いした、スバルの自作軽キャンカーのベッドにヒントを得てベットを作りました。
先週は雨だったので1週間遅れの作業です。

作業と言っても、ベットはもう出来ているので積み込むだけです。
製作してくれた、4人の技術者は私の希望とおりの、玄人製作に見えるようにとの希望は無理との話でした。
その理由として。
1、電気技術者に木製品の加工を玄人がしたようには自信がない。
2、見栄えのする単板の木材での製作は重量が重くなり、エンジンメンテナンス時車から降ろすとき1人で降ろせない。
重量を軽くするため、今回はコンパネとプラスチックのコンテナで製作しました。
若い技術者は、来年暖かくなる春に、内装大工さんの yuuki papa を巻き込んで、本格的なのを作る計画をしているようです。

でも、今日出来たベットも立派に作ってくれたのですが、彼らはリトライするそうです。
yuuki papa来年は出番が待っているようです。お願いします。


                   ベッド1
これが出来てきたベッドです。
主材料はコンパネと会社に有った書類保管用のコンテナです。
走行中にコンテナの引き出しが飛び出さないようにベルトで固定。
コンテナの反対側のベッドの脚の長さはは現物合わせのためseikoが支持しています。


      ベッド3  ベッド4
ベッドは2分割。ベッドの接続部分はマジックテープ。脚はイレクターパイプの脱着式。
ベッドはコンパネに銀マットを貼り付けその上からレザーを張っています。
ベット裏の見えないところもしっかりと塗装して有ります。


                     ベッド8
現物合わせで脚を取付。この脚は脱着式です。

       ベッド5  ベッド6

ベッド展開状況です。いい感じですよね。

                       ベッド9
普段はこの様に収納してダイネットとして活用しますが、ヘッドクリアランスが少し狭い気がします。
このベッドにした事により、縦30cm・横40cm・奥行き55cm<の収納スペースが2カ所と若干のスペースが出来ました。
大きな収納スペースが出来たことにより、これからはベッドフロアが荷物でいっぱいから解消されそうです。

今回のベッドの製作で購入したものは、引き出しの飛び出し防止のベルト2本、マジックテープいずれも100円均一で300円、脚に使ったイレクターパイプと部品1000円かかっていないと思います。
その他、銀マットは前から有ったもの。書類コンテナ・コンパネ・レザーこれは会社からの頂き物でした。

尚、このベッドでは布団を使うと落ちるので、シェラフを使う事にしています。/span>





スポンサーサイト
     
プロフィール

madogiwa

Author:madogiwa
数年前に仕事をセミリタイアして、アウトドアと家庭菜園と音楽に励む夫婦です。
体を動かすことが大好き夫婦です。
居住地 : 北海道苫小牧市
ハンドルネーム
 : madogiwa
 : seiko
アウトドアや音楽関係ででたくさんの仲間の輪が出来ました。
その仲間達に私達家族の情報を発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。