スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国デビューに向けての旅(5)

全国デビューに向けての旅(5)

18日、今日は十和田湖へ向けて出発。
日曜日なので、ETC割引を利用して、東北自動車道を北上。

高速道路も、ここまで来るとすいている。
調子に乗って飛ばしていて「はっ」と思ったそのとき、標識が東北自動車道ではなく、八戸自動車道になっている。

安代JCTで間違えました。
どうしようかと思ったのですが、そのまま八戸北まで走り、八戸北ICで降りて、恐山に向かいました。

                  三途の川
まずは、三途の川です。
ここで、札幌から来た、と言う若いカップルと出会いました。

明日、大間発のフェリーで北海道へ帰るので、今日は恐山の駐車場でP泊すると言っていましたのでそれでは、P泊私も付き合います。
と言うことでその日は、恐山の駐車場に泊まることにしました。

   恐山1 恐山2

話の種にと思い、来たのですが、あまり、気持ちのいいところではありません。
    駐車場1 駐車場2
            3時頃の駐車場           5時頃の駐車場

5時を過ぎた頃には、マイルームと札幌の若いカップルの車2台だけになりました。
何時頃でしたか、7時前だと思いますが、私がトイレへ行っている間に、車内に置いたままの電話が鳴っていたので、どうしたのだろうと、若いカップルの奥さんが車のカーテンを開けて外を見てビックリだそうです。
外は真っ暗。車は私たちの2台だけ。

若いカップルが、奥さん怖いというので道の駅横浜に移動しませんか、と言ってきました。
「え~、私はもう飲んでいますよ」。私は移動出来ません

と言う事で、若いカップルは道の駅横浜へ移動したのでした。
後は、真っ暗な駐車場にマイルーム1台だけ。こっころぼそ~・・・・・

若いカップルの奥さんが、カーテンを開けて外を見たきっかけは、私へのセトさんの電話でした。
セトさん、もう少し遅く電話してくれたなら、あのカップルの旦那さんも飲んでいたのに、残念。

真っ暗なのは心細いのでマイルームを明かりのある休憩所のそばに移動しました。
これでトイレも近いし、大丈夫と自分に言い聞かせて・・・・・

                 休憩場
ここは駐車場ではないのですが、明日の朝早く移動すればいいか。

とても怖く、心細い一晩でした。信仰のない者が、興味本位でこのような所へ来てはいけませんね。つくづく思いました。

翌日19日。朝6時、駐車所はマイルーム1台。
この場を逃げるようにして、三沢へ向かったのでした。
この日は、航空博物館などを見学して、早い時間に「道の駅みさわ」へは入りました。
今日はここで、P泊。です。

青森へ来て、思ったのですが、温泉が安い。250円位です。
そのような日帰り温泉が、たくさんあります。ありがたい事です。

20日。小川原湖です。
白鳥が数十羽飛来していました。
道の駅小川原湖とは、少し離れているのですね。
道の駅では、野菜の特売、安いと見えてレジ前は長蛇の列。
道の駅みさわでも同様のの光景でした。

この道の駅で9月から連泊しているという、72歳のおじさんと68歳のおじさんの、2台のキャンカーと意気投合して、この日も連泊。

22日。十和田湖へ向かいます。
道の駅十和田に到着。周りに湖は見えない。
そうなのです。十和田湖とは相当離れている様子。

奥入瀬渓流を経て、十和田湖へ向かう道を進みました。

   奥入瀬1 奥入瀬2
奥入瀬は、すっかり紅葉していました。

そして、十和田湖です。

   十和田湖 十和田湖2
十和田湖はすっかり秋。寒かった印象が強い。
                 乙女の像
高村光太郎の遺作「乙女の像」。この乙女ちょっと太めでした。

今日の宿泊地は、道の駅十和田。

23日。奥入瀬渓流の写真がうまく撮れていない。途中で車を止めるタイミングが悪かったので、いいポイントで写真を写していない。
「よ~し」再挑戦。と言うことで、奥入瀬渓流へ再度。
写真も撮り終え、本日の宿泊は、道の駅横浜。

24日。大間発14時20分のフェリーで函館へ。
函館には4時頃着きました。
久し振りの北海道。やっぱり北海道へ来ると安心。
ここからは、地図もカーナビもいらないという、安堵感でいっぱいです。

苫小牧まで5時間位。ここまで来ればもう焦る気持ちはありません。
夜の運転もあまり、自信がないので、今日は「道の駅YOU・遊・森」でP泊。

25日。さあ苫小牧へ向けて出発。
北海道へ入ってから気の性か、マイルームのエンジンの調子が良くなった様に思える。気の性ですよね。

途中、長万部を過ぎたあたりで、私の帰りを祝福してくれるような、虹です。
思わず車を止めて、写真です。

   虹1 虹2
どうですか、こんな写真なかなか撮れませんよね。


                  到着
我が家へ到着です。苫小牧→敦賀間をフェリーでその後の苫小牧までの爆走20日間、2,667kmの旅。
ELさんの北海道1週の旅や、nonkyさんの関東キャラバンの走行キロ数に比べると、雲泥の差がありますが、私にしてみるとそれはそれは、快挙です。

これで自信がつきました。また来年も、私の闘志がむらむらと燃えてきたのでした。
この度の全国デビューでは、660ccメンバーの暖かいご支援をいただきました。
今回の度の成功もメンバー皆さんのおかげさまと、心より感謝申し上げます。

北の大地を目指す皆さん、北海道へお越しの節は是非ご連絡下さい。
サポート・お手伝い等何らかの力添えになれるよう努力致します。
この度はありがとうございました。




















スポンサーサイト
     
プロフィール

madogiwa

Author:madogiwa
数年前に仕事をセミリタイアして、アウトドアと家庭菜園と音楽に励む夫婦です。
体を動かすことが大好き夫婦です。
居住地 : 北海道苫小牧市
ハンドルネーム
 : madogiwa
 : seiko
アウトドアや音楽関係ででたくさんの仲間の輪が出来ました。
その仲間達に私達家族の情報を発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。