スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国デビューに向けての旅(1)

全国デビューに向けての旅(1)
660cc Camper's Club 全体オフ会参加のために、岐阜県恵那市へ急遽行くことになりました。
往路は、苫小牧東港から福井県敦賀港まで、フェリーで20時間ちょっと。
復路は、オフ会会場から陸路北上して、青森県大間港から函館港をフェリーを乗り継いで苫小牧まで2週間の旅です。

苫小牧東港10月6日23時40分発、敦賀港へは翌7日20時30分着のフェリーに乗船。
初めてのフェリーの旅は、なかなか快適でした。


   フェリー1 フェリー2

翌日、敦賀港には京都在住の友人が迎えに来ているはず。
しかし、フェリーが敦賀港へ入港した頃、友人から台風18号の警戒で迎えに行けなくなったと電話があったのです。
そうか・・・彼は京都市の職員なので、このような時は役所に待機していなくてはならないのか。

明日の明け方には、台風は紀伊半島に上陸する、との天気予報。
上陸初日から台風の洗礼を受けるとは、前途多難な旅になりそう・・・・
とりあえず、今日は敦賀駅前のホテルに宿泊。不本意な1日目でした。

8日早朝に、台風18号は紀伊半島に上陸したようですが、10時のチエックアウト頃には風も雨も大分収まったので、琵琶湖を1周しようと思いホテルを出たのですが、名古屋に向かっていました。

そこで急遽予定変更、名古屋城へ行こう。
名古屋城を見学して、市内をあちこち見て回りました。
名古屋ドームの見学を終え、外へ出たときは日はとっぷりと暮れていました。
これから道の駅を探すのも大変なので、またまた名古屋市内のホテルに宿泊でした。

9日、オフ会の会場には10日の昼頃までに入ろうと思い、今日の宿泊は会場に近い道の駅をと思い、「どんぐりの郷いなぶ」へ行きました。
夜、ELさんから電話があり、明日の朝合流しようとのこと。

10日朝6時頃、ELさん到着。
ELさんの北海道ツアーからこんなに早く再会出来るとは思っていませんでした。

ELさん手製の朝食後、会場に向けて出発。
途中の道路がこれがまたすごい。

信じられない程道幅が狭い、道路幅1.7mの道路標識がありました。
これが片側では無く、両側で1.7mですよ。

軽自動車のすれ違いも出来ない。
片側は山、反対側は断崖の絶壁、そしてすごく急な登り道。これが県道ですって。北海道の農道でもこんなところありません。

ELさんに何度も待っていただいて、到着しました、目的の会場へ。
早速、皆さんに初対面の挨拶をして、やっぱり安着祝いでしたね。

皆さんには、北海道からはるばると参加の労を言われましたが、フェリーで来たのであまり・・・・。
本当は、帰路が大変なのをこの時は気づいていませんでした。

オフ会の様子は・・・・・


                会場 
                         この軽キャンカーの数すごいでしょう

そして、オフラインミーテイング、皆さん活発に意見交換されていました。
私は初参加なので聞き役に、でも皆さん一生懸命ですね、世話人さんご苦労様です。


   ミーテイング1  ミーテイング2
       ちちさんの議長でミーティングガ進められた                皆さんが活発な意見を発言

翌日(11日)は、イベントの数々・・・・
まずはセトさん、若奥様をたくさん集めて「腰痛・肩こり解消 実技セミナー 」セトさん張り切っています。当初30分の予定が1時間は過ぎていましたね。セトさんご満悦。・・・・


    セトさん セトさん2
                          セトさん大張り切り、でもこれ無料です

表札の授与式です。バンブ師匠手作りの木製表札。今回参加のひとつの目的でもありました。
    表札1 表札
                    どうです、660cc会員の証でもあるこの表札。大切にします。

今回のイベントの最大関心事。宴会ではありません。
増大君。マグネタイザーです。原理はわかりませんが、非常に効果がある。

あれ?・自分って燃焼工学の専門家だたったよね・・・・
こんな事言っていたなら、笑われるよね。やばい・やばい・水素と酸素燃やすと後に残るのは水ですよね。ガソリンが完全燃焼すると、マフラーから水が出て来るの解ります。
物が完全燃焼すると、後に残るのは水ですよね。
解らないのは、ガソリンが増大君でなぜ完全燃焼するのでしょうね?
研究してみよっと・・・・


    増大君1 増大君 2                
                『増大くんカンパニー・ガレージオフィス』の hideさん頑張って居ます。

    増大君3 増大君4
              この金網が大切なのかな?             我が660ccの誇るメカニックの面々

増大君の効果は後日データを公表させて頂きます。

次は、雑誌の取材です。軽キャンパーファン、八重洲出版社の取材です。
私にも取材が来ました。少しドキドキです。
取材風景です。

   取材1 取材2
    私のテーブルにこんなに酒を置いたのは誰、ただの酒飲みおじさんと思われるじゃない、全国デビューなのですから。


   取材3 取材4
             色々と質問されて、ハラハラ・ドキドキでした。私って本当は小心だったのですね。

さあ・次はビンゴ大会。みんなビンゴの会場へ~
              ビンゴ
                        ビンゴ大会の会場へ移動だよ~

これって、今回のイベントとぜんぜん関係ないのですが、ELさん自慢のスピンドル君、また故障の様です。
乗車しているより、修理時間が長いというスピンドル君。
今回はマフラーのがたつきとタイヤのパンクのようです。

マフラー修理にバンブ師匠に溶接機ありますかだって。いくらバンブ師匠でも溶接機は持ってきていませんよね。
タイヤの修理は、チューブが裂けていて修理不能。
でも、タイヤにチューブレスタイヤって記述してあるじゃない。どうしてチューブ入っているの?・・・
ELさんも「????・・・・」「中国製だからかな」面白いですね。

   修理1 修理2
            いつものスピンドルの修理          チューブレスタイヤのチューブ?の修理にお手上げのELさん

イベントが終わったなら、後は大宴会。
   宴会1 宴会2
                 翌朝の体調も考えずに、夜の更けるのも忘れて宴会は続くのでした。

                             -つづく-















スポンサーサイト
     
プロフィール

madogiwa

Author:madogiwa
数年前に仕事をセミリタイアして、アウトドアと家庭菜園と音楽に励む夫婦です。
体を動かすことが大好き夫婦です。
居住地 : 北海道苫小牧市
ハンドルネーム
 : madogiwa
 : seiko
アウトドアや音楽関係ででたくさんの仲間の輪が出来ました。
その仲間達に私達家族の情報を発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。