スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異色の仲間たち  その1

異色の仲間たち その1
愉快な仲間たちには、異色の仲間もいます。
それは、数年前のキャンプ場での出来事でした。
1人の外国人青年が、コールマンのスクリーンタープを組み立てようとしていたのですが、うまく組み立てられずに悪戦苦闘していました。

そのタープは、私の所有しているタープ(型番は忘れました)と同じで、1人で組み立てるには、結構難しいタープで、ファミリーキャンプに来ていた家族に頼まれて、組み立ててあげたことも幾度か、ありました。

周りには、たくさんのキャンパーが居たのですが、なぜか知らぬ顔。
そこで、出たがりの私が、片言の英語と、手振り・身振りで組み立てを手伝ってあげて、見事完成しました。

夕方、私たちのテントにその外国人青年が、先程のお礼にと、ビールを持って来ました。
身長2mもあろうかと思われる好青年に、イケメン大好きの seiko は「一緒に食事しませんか」と声を掛けて、その日は3人で一緒にバーベキューのコンロを囲んで夜遅くまで話し込みました。

翌朝、とてもおかしい話がありました。
昨日は夜暗くなるまで、私たちのテントに居たので、彼は自分のテントに戻ってすぐ寝たそうです。

朝、少し遅く起きた彼はビックリ、なんとテントと思っていたのはスクリーンタープだったので、周りからは寝姿が丸見え、そんなエピソードが有りました。男だから関係ないと思いますけどね。span>
             ニキティンさんと
                これがそのスクリーンタープ

キャンプから帰って、彼は東京交響楽団の団員でヴァイオリンを弾いていると言っていたので、東京交響楽団のホームページを見てビックリ、彼はコンサートマスターだったのでした。
彼のプロフィルはこちら

http://www.tokyosymphony.com/aboutTSO/profile/Nikitin.html
東京交響楽団のコンサートマスターのグレブ・ニキティン氏だったのです。
その後、ニキティン氏との交流が始まり、コンサートも幾度となく、招待されました。
苫小牧での演奏会の時は、我が家が定宿になり、今ではパジャマやヴァイオリン・燕尾服・胸にたくさんフリルの付いたワイシャツというのかな~色々な物を我が家に置きっぱなしで、札幌公演の時は、明日コンサート会場に、燕尾服届けてとか、ヴァイオリン持って来て、とか結構大変です。

胸にたくさんフリルの付いたワイシャツと言うのか分かりませんが、我が家に置いてい行くと、クリーニング屋さんも、クリーニング代いくらにするのか困っているそうです。

また、身長2m近くある彼が泊まるには、普通の布団じゃ足が出てしまうので、2m40cmの布団を特注しました。

そんなこんな、色々なサプライズがありました。
それは、次の異色の仲間たち その2で紹介致します。

           キタラにて
            札幌キタラに燕尾服を届けた時に
ニキティンさん大きいでしょう。
横の小さいのは、娘の michiko と妻の seiko です。





スポンサーサイト
     

コメント

一期一会の世界

困ったときは、お互い様ですので、キャンプ場で、少々、風の強い時に、テント張りを苦心されてたのを、我がメンバーが気がつき、数名でヘルプした事もありました。
やはり、(情けは、人の為ならず)協力して、相好、楽しめたら、愉快ですネ。 そんなこんなで、メンバーさん達、退場時には、自分達の車の周りの清掃は、習慣ツイテマス。
(来たときよりも、美しく)で、あります。

いつかは、北の大地へ・・・。

No title

私は音楽は聴くぐらいで演奏は一切出来ないのですが、外国人はOKですよ!
私は小学校から大学までアメリカのNYで育ちました。
なので英語は問題ありません。 若干日本語に問題があるかもしれないです。
特に書いたりとか…パソコンはキーボードなんで簡単に変換できるので楽ですが。
あと、通常日本のみなさんが受けられる義務教育をNYの現地学校で受けているので、日本国のことで知ってるはずであろう事、歴史や学生ならやってきた常識(クラブや部活、体育祭など)のイベントは一切経験してないのでわかりません。
まあ、通常の社会人としての生活に支障はありませんが。

私のことはこれくらいで…

北海道プチ楽しんでくださいね! またレポートお待ちしてます!

情けは人の為ならず

そうですよね。
前回、北村のキャンプの時、ファミリーがヘキサゴンタープを張るのに苦労していました。
私が、あの張り方じゃダメだ、と言っていたら、息子達が手伝いに行って、さっそうと完成させてきました。

アウトドアする人って、そうなんですよネ。
何か、かっこ付けるのです。

ま~それもありかな・・・・
会員の方の合い言葉みたいな「いつかは北の大地へ・・・」お待ちしています。
北海道上陸時は、我が家をベースキャンプにして、北の大地を堪能して下さい。

出会いって素敵ですね。

どこでどんなご縁があるか本当にわかりません。

全てにおいて、理由が有って出会うのかもしれません、っと
いつも思っています。だからご縁は大切に・・ですね。

で、でもニキティンさんすっごく背の高い人ですね。
かっこいいです。
バイオリン弾きのコンサートマスターがキャンプもするだなんて
ちょっと想像がつきませんが、さらに 素敵でかっこいいです。

きっとTVなどで幾度か見てるかも知れませんね。

コラボレーションが始まります

そうなんですよ、縁は分かりません。
まだ会ったことのないひろりんさんと、こうして何度も意見を交換するのも、何かの縁だったのでしょうね。

たまたま私が、660ccクラブに参加しただけで、たくさんの仲間が出来ました。
この出逢いを、大切にしたいと思います。」

異色の仲間たちにはその2・その3と続きます。
それが、これからの「マイルームと愉快な仲間たち」のコラボレーションです。

ニキチィン氏は、その後、色々な人を連れてきました。
芸能人と言うか、アーティストと言うか、すごい人をキャンプに連れてくるのです。

それが、私の家族を巻き込んで、すごいことになります。

ヴァイオリン弾きも・ピアノ弾きも同じ人間だから、キャンプもするのですよね。
異色の仲間たち、その2・その3、に御期待下さい。


一期一会の旅を求めて

Myブログのサブタイトル通り旅に出て出会う人とのその後の交流は楽しいものです。
人との縁とは、ほんと不思議なものですね。

先週伺った魚津の画家さんもたまたま野沢温泉の北竜湖キャンプ場でラ・クーンに興味を持たれて話をしたのがきっかけでした。

こういった出会いはこれからの旅で何度経験出来るかな?。
北の大地でも楽しい一期一会の出会いに期待しています!。

No title

どうもー(^O^)/
キャンプなどで困ってるのかな??っとおもい手伝いますか?っと声をかけて
手伝ってあげたあとに「ありがとう」と一声かけてもらうと
なんだか気持ちいい想いになりますよね!!
Secret

     
プロフィール

madogiwa

Author:madogiwa
数年前に仕事をセミリタイアして、アウトドアと家庭菜園と音楽に励む夫婦です。
体を動かすことが大好き夫婦です。
居住地 : 北海道苫小牧市
ハンドルネーム
 : madogiwa
 : seiko
アウトドアや音楽関係ででたくさんの仲間の輪が出来ました。
その仲間達に私達家族の情報を発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。