スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

道の駅ウトナイ湖のその後

道の駅ウトナイ湖のその後
昨年開業した「道の駅ウトナイ湖」利用者に評判が良く、北海道の道の駅のランキングでは好感度ベスト10に入っているとの事です。
しかし、先日苫小牧の地方新聞に気になる記事が載っていました。


        1_20100328094711.jpg
                            これがその記事です

そこで、「道の駅ウトナイ湖」へ行って、驚く光景を見ました。

       4_20100328095101.jpg  5_20100328095109.jpg

       6_20100328095116.jpg  7_20100328095124.jpg

       8_20100328095132.jpg  9_20100328095139.jpg
これが野生の鳥だろうか?渡り鳥だろうか?と思える光景でした。
人間を全く恐れてはいません。逆に観光客を追いかけて、えさをねだっているのです。
すっかり、餌付けされた渡り鳥です。これでは渡りをやめてウトナイ湖に住み着くのではないでしょうか?
この時期、白鳥や鴨は北へ渡る中継地として、ウトナイ湖に寄っていくのですが、この状況ですと北へ渡らない鳥も居るのではないでしょうか。
鳥たちはすっかり陸上に上がっています。ここでえさを与えると、特にパンなどはのどを詰まらせて窒息するのです。昔から、水鳥にえさを与えるときは、水面にえさを投げて与える事によって、えさを水と一緒に食すために、パンなどを与えてものどを詰まらせることはないと言われていました。
関係機関では、今回の白鳥の死因と給餌の因果関係が明らかになったことで、給餌中止を訴える啓発活動を進めるようですが、果たして啓発活動だけで給餌を中止出来るのでしょうか。疑問です。


       10_20100328095146.jpg  11_20100328095155.jpg
問題になっている、えさの販売も今も続いています。この日は、無人での販売でした。

        12_20100328103702.jpg
このように、警告看板だけでは問題は改善されないのでしょうね。
そのうち、柵などをして湖畔に立ち入ることが出来なくなるのでは・・・



スポンサーサイト
     
プロフィール

madogiwa

Author:madogiwa
数年前に仕事をセミリタイアして、アウトドアと家庭菜園と音楽に励む夫婦です。
体を動かすことが大好き夫婦です。
居住地 : 北海道苫小牧市
ハンドルネーム
 : madogiwa
 : seiko
アウトドアや音楽関係ででたくさんの仲間の輪が出来ました。
その仲間達に私達家族の情報を発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。