スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

収納スペース

収納スペース
マイルームは、バンクベットもなければ、ルーフもポップアップしないので、就寝時の収納には随分と苦労しています。

マイルームの収納は、良く工夫はされているのですが、軽キャンの限られたスペースの中だけに無理があるようです。

マイルームの、ベットマットの下は、エンジンと折りたたんだセカンドシートです。
2人以上乗車することはないので、このセカンドシートを外して、空間を作ることにしました。


                    ベット下のシート
            ベットマット下の折りたたんだセカンドシート

4本のボルトを外すとシートは簡単に取り外す事が出来ました。
外した跡は、結構な広さの、スペースが出来ました。

ここに、ベットマットを乗せる、台を入れる事にして、以前勤務していた会社にお願いして、作ってもらいました。図面もスケッチも作らず、現物合わせで、あっという間に作ってくれました。

しかも、料金は「タダ」無料でした。
そういえば、太陽光パネルの取付金具や、ゴミトンの取付金具も、全部無料で作ってくれたのくれたのでした。 感謝・感謝

               シートの取り外し
               シートを外したらこんなに広いスペースが

               マット台
                   無料で作っていただいた台です

               台取付
早速、台をセットしてみました。ぴったりです。
作ってくれた人は若い職人さんですが、図面やスケッチもなしで、所要時間40分位。
すごいですね、これぞ職人技と言うのかな・・・・・

そして、出来た収納スペースは、ばっちり。
見て下さい。この広いスペース。

                 収納スペース
これで収納が少し、楽になるのかな。
軽キャンで、これだけの収納スペースが増えるとは、画期的な事だと思いました。


定年まで働かせていただいた会社に、色々な物を製作いただいている事。
ましてや、お金も払わずに全部「無料」と言うことに甘えています。
会社と元同僚に 感謝 感謝 感謝





スポンサーサイト

異色の仲間たち  その1

異色の仲間たち その1
愉快な仲間たちには、異色の仲間もいます。
それは、数年前のキャンプ場での出来事でした。
1人の外国人青年が、コールマンのスクリーンタープを組み立てようとしていたのですが、うまく組み立てられずに悪戦苦闘していました。

そのタープは、私の所有しているタープ(型番は忘れました)と同じで、1人で組み立てるには、結構難しいタープで、ファミリーキャンプに来ていた家族に頼まれて、組み立ててあげたことも幾度か、ありました。

周りには、たくさんのキャンパーが居たのですが、なぜか知らぬ顔。
そこで、出たがりの私が、片言の英語と、手振り・身振りで組み立てを手伝ってあげて、見事完成しました。

夕方、私たちのテントにその外国人青年が、先程のお礼にと、ビールを持って来ました。
身長2mもあろうかと思われる好青年に、イケメン大好きの seiko は「一緒に食事しませんか」と声を掛けて、その日は3人で一緒にバーベキューのコンロを囲んで夜遅くまで話し込みました。

翌朝、とてもおかしい話がありました。
昨日は夜暗くなるまで、私たちのテントに居たので、彼は自分のテントに戻ってすぐ寝たそうです。

朝、少し遅く起きた彼はビックリ、なんとテントと思っていたのはスクリーンタープだったので、周りからは寝姿が丸見え、そんなエピソードが有りました。男だから関係ないと思いますけどね。span>
             ニキティンさんと
                これがそのスクリーンタープ

キャンプから帰って、彼は東京交響楽団の団員でヴァイオリンを弾いていると言っていたので、東京交響楽団のホームページを見てビックリ、彼はコンサートマスターだったのでした。
彼のプロフィルはこちら

http://www.tokyosymphony.com/aboutTSO/profile/Nikitin.html
東京交響楽団のコンサートマスターのグレブ・ニキティン氏だったのです。
その後、ニキティン氏との交流が始まり、コンサートも幾度となく、招待されました。
苫小牧での演奏会の時は、我が家が定宿になり、今ではパジャマやヴァイオリン・燕尾服・胸にたくさんフリルの付いたワイシャツというのかな~色々な物を我が家に置きっぱなしで、札幌公演の時は、明日コンサート会場に、燕尾服届けてとか、ヴァイオリン持って来て、とか結構大変です。

胸にたくさんフリルの付いたワイシャツと言うのか分かりませんが、我が家に置いてい行くと、クリーニング屋さんも、クリーニング代いくらにするのか困っているそうです。

また、身長2m近くある彼が泊まるには、普通の布団じゃ足が出てしまうので、2m40cmの布団を特注しました。

そんなこんな、色々なサプライズがありました。
それは、次の異色の仲間たち その2で紹介致します。

           キタラにて
            札幌キタラに燕尾服を届けた時に
ニキティンさん大きいでしょう。
横の小さいのは、娘の michiko と妻の seiko です。





カーサイト タープ

カーサイトタープ
先日、ひろりんさんのブログで見つけた、カーサイトタープが届いたので、本番の時にまごつかないように、庭で練習に組み立ててみました。
タープの部品
部品はいたってシンプルでした。

タープ後
庭が舗装のため、ペグを打てないので、タープがピーンと張っていませんが、ペグを打つときちんと張らさると思います。
結構大きいですね。組み立ても簡単でした。

タープ前
組み立て時には脚立が活躍しました。
ひろりんさんが言っていたように使うと、脚立はキャンプでわ意外と役立ちそうですね。

これで本番の時も、まごつくことなくさっそうとタープを組み立てることが出来そうです。
実は、北海道では軽キャンカーはまだ珍しくて、いつもキャンプ場に着いて、準備を始めると周りの注目を集めます。
周りが注目している時にタープの組み立てに、まごついていたら格好悪いから一度練習しようと思っていました。これでもう大丈夫。
これで、キャンプ道具が、夜露に濡れる事なく過ごせそうです。
中もとても広くて seiko も大喜び。




 

孫の運動会

孫の運動会
6月6日土曜日、札幌市に居る孫の運動会へ行ってきました
妻の seiko も張切っているので、朝6時ちょっと過ぎに出発して息子宅には7時過ぎに到着しました。
もちろん、土・日のETC割引を使っての高速走行。
孫は札幌市北区の某小学校2年生、仲良しの同級生3家族で応援席は既に確保済みとの事。

3人の子供
左から孫のsoutarou・yuuki・taigaの仲良し3人組

当日、札幌地方は一時雨と天気予報でした。もしもの雨対策として応援席にテントを予め設営してきたと言っていましたが、何かいやな予感がしました。
テント
なんと大会本部席にも負けないようなテント
 
そんな私の不安の中、競技は順調に進んで行きました。
大玉転がし
孫のsoutarouの大玉転がし
3等賞
徒競走で yuuki は3等賞
リレー
taiga は紅白リレーで大活躍(白のゼッケン6番)

その頃応援席は、仲良し3人組のお爺ちゃんとお婆ちゃんが5組10人の応援です。(サムネイルをクリックすると元の大きさの写真になります)
お爺ちゃんとお婆ちゃん お爺ちゃんとお婆ちゃん2

応援そっちのけで話し込むtaigaのお爺ちゃん
話

さあ、楽しい昼食です。3人のお母さんの心づくしの料理です。
お弁当1 お弁当2 お弁当3 お弁当4

もう、応援席はディキャンプ状態です。
食事1  食事2  食事3  お爺ちゃんお婆ちゃん3   ナオキとユウキパパ  1 taiga papa aya tyan  madoka  shiori cyan

もう、すごいことになっています。今にも、バーベキュが始まりそうですが、そこは押さえたようです。

運動会の結果は、残念ながら、3人の孫達の白組が負けました。
来年は、頑張ろう。

得点





 







マイルームを紹介しますその2

文字色       マイルームを紹介しますその2
   ダイネットソファー
          1人用ダイネット                             ソファー

マイルームの作りで感心したのは、この1人用のダイネットです。
ハンドルを利用したテーブルは考えられますが、助手席のシートをたたんで、運転席のヘッドレストを背当てにしてソファーとしています。
本当に感心した、アイデアだと思います。


   消火器スコップ
          運転席横の消火器              ボンネット内部のスコップと大きな釘抜き
消火器の標準装備は理解出来ますが、ボンネット内部の、スコップと大きな釘抜きも標準装備です。
マイルーム購入時には、このスコップと釘抜きがボンネットの中に入っていることに気づかず、1ケ月程たって、ウオッシャー液を補充しようとボンネットを開けてビックリしました。
スコップと大きな釘抜き、どのようなシーンで活用するのでしょうね。
ホビオマイボックスにも標準で装備されているのでしょうか?。
span>
          救急箱薬
                     救急用品

アウトドアには欠かせない救急用品は、常に車に搭載しています。
特に、ボインズリムーバーは絶対に忘れてはならないと思っています

             
リムーバー
                    ボインズリムーバー
ボインズリムーバーとは、蜂・蚊・毒虫等に刺された時に、毒液や毒針を吸引作用にて取り去る道具です。
蚊に刺された時などは、吸引によりかゆみも無くなります。
特に北海道では、これからがスズメバチが活動します。
スズメバチに刺されて、死亡に至る事故が毎年数件あるとの事です。
スズメバチに刺されたことはありませんが、蚊に刺されて使用する事は日常茶飯事jです


      モニタメイン
              バックモニター                    ソーラーパネル

幼児用ベットにサブバッテリーと電子レンジを積んだことにより、後方視界が悪くなりましたので、バックモニターを付けました。
運転席の照明は、コールマンのテント照明を改造してLED照明にしました。
冬には、マイルームは余り乗らないので、バッテリーが上がりぎみになります。そこで小さなソーラーパネルを付けて日中の駐車中でも充電出来るようにしました

ゴミトン脚立

車内に生ゴミを置くと、どうしても臭いが気になります。
市販のゴミ箱を改良して、ゴミトンを作りました。当初は青い色だったのですが、白いスプレーラッカーで白く塗装しました。
マイルームの白と、とてもマッチするようになりました。
「ゴミは持ちカエル」ステッカーもしっかりと貼っています。
コンテナカーゴを付けているために、ラダーがつきません。ルーフボックスを使用するときは、脚立が必要になります。
何処へ行くにも脚立を積んで行かなくてはなりません。これが悩みです。
良い方法はないものかといつも考えています





     
プロフィール

madogiwa

Author:madogiwa
数年前に仕事をセミリタイアして、アウトドアと家庭菜園と音楽に励む夫婦です。
体を動かすことが大好き夫婦です。
居住地 : 北海道苫小牧市
ハンドルネーム
 : madogiwa
 : seiko
アウトドアや音楽関係ででたくさんの仲間の輪が出来ました。
その仲間達に私達家族の情報を発信しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。